カテゴリー「芋焼酎に」の記事

湯豆腐

湯豆腐   

湯豆腐には 一緒に何を入れてもかまわないのですが 豆腐じたいは味が淡白なものですので あまり濃い味のものは入れない方がよいようです
また ながく煮立てすぎないことがおいしい湯豆腐を作るコツです

1.鍋に昆布を敷き 水を張って弱火であたためます
  昆布は 前の晩から水につけておくのがよいようです

2.沸騰する前に 食べやすい大きさに切った豆腐を入れます
  昆布のエグみが出るのが嫌な人は ここで昆布を取り出します

3.あまり長く煮立てず 豆腐がゆらゆらとうごき始めたら 鍋から取り出して
  つけダレでいただきます

  つけダレは しょうゆ・ポン酢などお好みで
  薬味にネギ・ユズ・紅葉おろし・削ったかつお節などを添えます

4.塩をひとつまみ あるいは刻んだ大根を入れて煮ると 豆腐にスがはいらず
  やわらかく仕上がるそうです

 

□このお料理にこの焼酎

綾セレクション

綾セレクション

あつあつの湯豆腐には すっきり味わい麦焼酎のロック・
水割りなどがよろしいんでは

 

黒霧島20度

黒霧島20度

おなじみキレとコクの黒霧島もきっと合います

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生春巻き

生春巻き

生春巻きは 季節の野菜など 何を巻いていただいてもおいしいのですが ここでは写真のものを

材料は 生春巻きの皮(ライスペーパー) むきエビ にんじん もやし きゅうり 大葉それぞれ適量(適当ですね~)

1.生春巻きの皮はぬれたふきんなどで やわらかくしておきます

2.エビはボイルしておきます もやしも軽くゆでます

3.にんじん きゅうりは千切りに

4.エビはいちばん外側に配置 その内側に大葉を そして各野菜を置いて巻きます

5.タレはポン酢 胡麻だれ コチジャン お好きなものでどうぞ

 

(このレシピはあくまでも簡単にがモットーです 本格的なものあるのですよ)

 

□このお料理にこの焼酎

霧島20度

霧島

自然な甘みとクセのないまろやかさ
宮崎の代表銘柄「霧島」です 

四万十日和こめ焼酎

四万十日和こめ焼酎

すっきりした米焼酎も合うかも

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

米焼酎に | 芋焼酎に | 麦焼酎に